二通りに使えるネックストラップ

携帯電話のストラップが欲しいと思って、通販サイトでいろいろ探していました。最初は、ごく普通のストラップでいいかと思ったのですが、これだといくつか不便なことがあります。わたしはかばんの整理が苦手で、ついモノを上へ上へと重ねて入れてしまい、必要なものがすぐに取り出せないことがあるのです。携帯電話の着信が鳴っているのに、かばんの中でなかなか携帯電話が見つからないというのは焦るものです。うっかり公共の場で鳴らしてしまったときなどはよけいに焦ってしまいます。また、かばんの中に入れておくと電源をうっかり切り忘れたりすることも多いです。そこで、今度はネックストラップを使ってみようかと思い立ちました。


これなら、首から下げておけるので、電源の切り忘れもありません。もちろん、電話がかかってきたらすぐに出られますし、音量を絞っておいても気づかないということはありません。ビジネスの現場で使うなら、よけいに便利だと思います。ただ、首から下げるものはどうしても昔のビジネスマンのイメージがあって、敬遠してきました。それに、室内ではストラップが短い方が便利ですし、いろいろと使い勝手に戸惑うかもしれない、と二の足を踏んできたのです。けれど、通販サイトでいい製品を見つけました。それは、普段は首から下げて使えるのですが、必要に応じて取り外すことで、ベアリングストラップとしても使えるのです。ベアリングというのは金属の輪っかのことですが、これならフックにかけたり、通話中に指に通して落下防止にもなります。室内では、首から下げていると机にぶつけたり、何かを食べるときに邪魔になったりもしますが、そういうときには取り外してフックにかけることで、さらに便利に使うことができるのです。取り外しも簡単で、ワンタッチなのがありがたいです。


若い世代ならいいのですが、中高年以降になると、複雑な手先の作業がおっくうになる人もいます。その点、大きなボタンを押すだけで取り外せるこのような製品は助かります。もちろん外出するときは、首から下げているのが便利です。紐の長さも考えられている製品なので、コンビニなどでお金を支払うときにかがまなければならない、もしくは首からわざわざ外して使わなければならない、という不便さはありません。今まで首からかけるタイプのストラップを避けてきた人も、使ってみたら意外と便利だった、という口コミを寄せていました。