純正品以外に多数出回っているリサイクルトナー

静電複写式のプリンターには微粉状の鉄粉に樹脂粉末を混ぜ合わせたトナーがカートリッジに入れられて装着されています。消耗品ですからカートリッジの交換には装着されていたトナーと同じものを充填した純正品を入れたカートリッジに交換して入れば、万一、印刷の不具合などが発生した場合、カートリッジに関わるトラブルであればプリンターメーカーが無償で補修してくれます。ところが、純正品に比べて市場に出回っている安価なリサイクル品を購入して印刷し、プリンターが不調になると状況は変わります。購入先の会社でもリサイクル品で不具合を生じた場合に一時よりは新たなカートリッジと交換してくれる会社が増えましたが、リサイクル品の品質管理については取扱業者のカートリッジ管理次第なのです。中には回収したカートリッジの内部洗浄もせず、交換すべき部品があってもそのままにして、トナーを充填しただけで販売ルートに乗せてしまう会社もあるのです。従って、リサイクル品を買う場合は当たりはずれを覚悟しておいた方が良いでしょう。印刷コストの削減や環境保護の意識が必ずしもうまくいかないこともあるのです。

プリンターのトナーを交換する

数年前は、トナーがなくなると振ってみたりして最後の最後まで使ったものですが、最近ではサポートシステムが充実していてトナーが無くなると自然に宅配便で翌日には到着するというシステムも多いです。プリンターになくなりそうというメッセージが出るとサポートの会社に連絡が行きそこから宅配業者を通じ、配達されるという流れです。なのでわざわざ振ったりしてまだ使おうとしなくてもいいという事になりますし、容器はリサイクルされるので無駄も少ないと思います。昔はその容器も捨てていました。よい時代になったと思います。家庭では、カラーによって無くなる頻度が違うのでストックしておくことがお勧めです。せっかく印刷しようと思ってもトナーがなくその後の作業が進まないこと防ぐためです。特に年賀状印刷等はかなり色を使うので最初に購入しておいてもよいでしょう。

トナーの交換も自動連絡

先日、職場に事務機器の会社の人が来ました。今使ている複合機の具合をみにきてくれたのです。現在、職場で使っている複合機は、トナーをいつでも交換できるように、予備をストックしています。事前に警告は出されますが、トナーがなくなってしまうと、印刷が一切できなくなってしまうので、在庫は要チェックです。事務機器の担当の人から、現在一番新しい機種は、トナーがなくなりそうになると、警告とは別に、事務機器会社に連絡が自動で入って交換品を持ってきてくれるとのことでした。今までは、交換したあとに自分で連絡して、新しいものを持ってきてもらいましたが、その手間がなくなるそうです。私は、特に手間だとは感じていなかったのですが、どんどん進化しているものだと、感心しました。客の要望から、いろんなアイデアが出るものだと思いました。